FC2ブログ

さらば103系

2006年03月20日 15:35

今回の3月14日のダイヤ改正で東海道113系が引退し異色のE217系が誕生しましたがさらに重要なことがありました。JR東日本最後の103系が引退しました。以下3月15日の毎日新聞朝刊を抜粋したものです。
JR東日本:旧国鉄製造103系電車、40年の活躍に幕 17日に最終運転 
 ◇さよなら、エメラルドグリーン--上野~松戸間を最終運転
 JR東日本のダイヤ改正(18日)に伴い、東京五輪前年の1963年から40年以上も活躍してきた旧国鉄製造「103(いちまるさん)系通勤型電車」=写真=が17日、常磐線快速運転を最後に首都圏から姿を消す。エメラルドグリーン塗装の車体で親しまれてきたが、4月8日、貸し切りの臨時さよならイベント電車として運転した後、廃車となる。
 山手線でデビューした103系は、67年からは常磐線専用の同色の電車が走るようになり、大都市圏の通勤通学の足となって経済成長を支えた。旧型電車よりも大きな車体、ワイドな扉で、客の乗降時間を短縮し、ラッシュ時の混雑緩和に貢献した。デビューから約20年間で約3500両も製造され、単一車種としての世界記録をつくった。
 83年以降は、201系など後継電車への転換が進み今回、首都圏に残る最後の20両の引退が決まった。JR西日本、JR九州では103系が引き続き走り続ける。
 17日の最終運転は午前10時12分上野発、同10時32分松戸着(2番ホーム)で、JR東日本製「E231系」電車にバトンタッチする。
 JR東日本は「さよなら常磐線103系」の記念オレンジカード(2枚組で2000円、5000セット限定)を4月8日午後1時から発売する。北千住、松戸、新松戸、柏、取手の各駅みどりの窓口で扱う。」
とまぁ新聞でもわかるように、103系は約3500両も製造され、世界記録を作ってしまった日本を代表する車種がJR東日本からすべてなくなってしまうのは、かなしいものがあります。これからもJR西日本、九州などに残る103系にはがんばってほしいと思います。(写真は「日本の旅・鉄道見聞録」の「PC用鉄道写真壁紙&転用フリー写真」の103系常磐線の写真を小さくして使用させていただきました。
103.png

スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://chuouline.blog58.fc2.com/tb.php/4-51e3edec
    この記事へのトラックバック